2022年01月23日・礼拝メモ

御霊の一致を持って

聖書箇所「エペソ人への手紙4章1~16節」 
 私たちはキリストを信じる信仰によって1つとされ、神の傑作品として敬虔な証人となる。「どうか、私たちのうちに働く信仰によって、私たちが願うところ、思うところのすべてをはるかに超えて行なうことのできるお方」に、目を留めましょう。

  1. 御霊の一致
    人は本来自己本位で、肉によって歩むところには一致はない。神の御霊によって歩む者には一致がある。私たちはみな個性があり、長所と短所を持っています。それがキリストの愛の絆で結ばれて行くのです。その土台は、三位一体の神の中にあります。私達の内におられる聖霊は一つ、罪の赦しのため十字架につけられた主は一人、そして全てのものの父なる神は一人、つまり御父、御子、御霊による一致があります。ですから「謙遜と柔和の限りを尽くし、寛容を示し愛を持って互いに耐え忍び」霊に従って平和を保っていくべきです。御霊による一致を熱心に保って行くのです。
  2. 各自与えられた賜物の活用
    初代の教会を担ったリーダー達の役職(使徒、預言者、伝道者、牧師、教師)を立てくださった。目指すところは12~13節「それは、聖徒達を整えて奉仕の働きをさせ、キリストの体を建て上げるためです。私たちはみな、神の御子に対する信仰の知識において一つとなり、成熟した大人となって、キリストの満ち満ちた身丈にまで達するのです。」教会は人体に例えられています。エペソ2:21「このキリストにあります。建物の全体が組み合わされて成長し、主にある聖なる宮となります。」自分の賜物に従って忠実に奉仕する事で、お互いの徳を立て、教会全体がキリストの体として整えられて行く。賜物は目的を持って与えられているので各々誇ることはありません。
Copyright© 2022 インマヌエル湘南中央キリスト教会 All Rights Reserved.