2022年04月24日・礼拝メモ

トマスは答えた「私の主、私の神よ」

聖書箇所「ヨハネの福音書20章19~31節」

先週、イースターを迎え一週間が経ちました。今日は復活の主が10人の弟子達に現れて下さった事に目を留めます。

  1. 復活の日の夕方、主はユダヤ人を恐れ、部屋に閉じこもり、鍵を閉めていた弟子達の真ん中に突然現われ「平安があるように」と言われた。彼らが一番必要としていたことは「平安」でした。そして復活の体にある十字架に付けられた釘の跡と、槍で刺された脇腹を見せられた。
  2. 弟子トマスに目を向けましょう。彼は「私は、その手に釘の跡を見、釘の跡に指を入れ、その脇腹に手を入れてみなければ決して信じません。」と恵みのチャンスを逃してしまった。彼は8日前には「彼らと一緒にいなかった」、信仰者は兄弟姉妹の交わりの中に居て、信仰が養われて育って行く事の例証です。
  3. 「私の主、私の神よ」キリストの復活の体に十字架に付けら傷跡があったこと。それは十字架につけられた主が復活されたことの証明である。慎重派のトマスも後に、主の復活の証人として、貴く用いられた。しかし、この時のトマスへのイエス様のことばは「あなたはわたしを見たから信じたのですか、見ないで信じる人たちは幸いです(29節)」と。ペテロも見ずして信じる者の幸いを伝えています。(Ⅰペテロ1章8節)「私の主」それは主を、自分の心の王座にお迎えしたきよめられた心を表わします。「私の神」それは墓を空にして、栄光の体に復活したキリストの神性を表わしています。ですから主は権威を持って「父がわたしを遣わしたように、私もあなたを遣わす」と。そして弟子達に、聖霊が臨み、輝いた証人となり派遣されたのです。
Copyright© 2022 インマヌエル湘南中央キリスト教会 All Rights Reserved.